双子♀10歳 ミニチュアダックス♂5歳のママです 大好きな本のことをポチポチと書いていきたいな
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/31
「犬はどこだ」米澤穂信

思い描いていたまっとうな人生からふとしたことではみ出てしまい
故郷へ戻ってきた 紺屋長一郎は犬探し専門の探偵事務所を構える
しかし舞いこんできた仕事は 疾喪人探しと古文書の解読であった

探偵に憧れていた 高校時代の後輩ハンペイが
古文書解読 紺屋が失踪人探しを担当するが
最後にその2つがリンクしていく・・




まめ的評価☆☆☆

うーん このミスで8位をとった作品です
どうにも主人公や失踪人の佐久良 桐子に感情移入ができないまま
終わってしまいました 確かに最後のどんでん返しにはびっくりしたし
面白かったといえば面白かったよとは言えるのですが・・

登場人物に感情をシンクロさせて読みたい私には
ちょっと物足りなかったかな~
でもミステリとしては2つの出来事がリンクしていく場面や
謎に迫っていく過程もよくできていたと思います

ポチっと応援よろしくお願いしますにほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント

気になる本です。
読んでみたいような・・・
途中で挫折しそうな本です。

私もどちらかというと
感情移入してしまう
タイプです。
とも [URL] 2006/01/30(月) 22:50 [EDIT]

こんにちは
お久しぶりでーす(´ー`)
私も挫折しそうになりながらも最後のどんでん返し
にびっくりしたくて頑張って(?)読みました
amazonとかのレヴューではけっこう☆4つとか
なっていたので面白い人には面白いのかなあ
まめころりん [URL] 2006/01/31(火) 15:19 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 のろのろ読書小箱       .
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。