双子♀10歳 ミニチュアダックス♂5歳のママです 大好きな本のことをポチポチと書いていきたいな
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/24
「蒲公英草紙」 恩田陸



舞台は少し昔の日本です
ある村をしきっている槙村一族 そこには聡明で美しい
しかし病弱で 外に出られない聡子という少女がいます

この物語の語り手 峰子は聡子の話し相手としてお屋敷に出入り
するようになります

屋敷に突然現れた 常野一族
あの光りの帝国で活躍した 不思議な力を持つ一族です


まめ的評価☆☆☆☆

とても美しい物語でした
派手な動きはありませんが 全体に凛とした美しさがただよっています
最終章にむかうにつれて ある事件(?)が起きます

その前の章を読むと次の章でそれがおこることを想像できます
だから 続きが読みたいのに 読みたくない気分になりました

ずっとこのまま美しい物語のまま終わってほしかった・・


ひよこランキング参加中 クリックしてくれたら嬉しいです→ にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント

 待ちに待った「常野」の続編ですよね。
 年明けに違った能力の続編が出ますよね。それにも期待です。
かいくん [URL] 2005/11/24(木) 19:08 [EDIT]

こんばんは。

読むのにちょうどいい薄さの本ですよね。
読んだことありませんが。。。

いつも他の本を手に取ってしまいます。
今度チャレンジしてみよっかな。
とも [URL] 2005/11/26(土) 20:44 [EDIT]

こんばんわ★
まめころりんさん、こんばんわ。
ちらっとご無沙汰してます
(o*。_。)oペコッ

この本、すごくすごく読みたい本なんです(笑)。図書館で予約待ちしてるのですけど、前に80人位いるのでお預けになっていて。
常野の続きはやはり良かったのですね。楽しみ倍増で~す
littleapple [URL] 2005/11/28(月) 22:49 [EDIT]

追★伸
最初にコメントで書こうと思っていたのが追伸になってしまいました(笑)。
二つも足跡残してしまうのだけど、どうしてもお伝えしたくて。

ブログのデザインお変えになったのですね。オオーw(*゜o゜*)w
最初、間違えたかと思いました(笑)。
でも、冬っぽくてとっても可愛らしいです~。なんか、素敵だなって。

取りとめもないコメントなのですけど、二つ目の足跡でした(笑)
littleapple [URL] 2005/11/28(月) 22:56 [EDIT]

かいくん ここでもこんばんは
えー年明けにまた出るんだ~楽しみ!
恩田さんって次々と新作出るよね~
嬉しいなあ
まめころりん [URL] 2005/12/16(金) 23:42 [EDIT]

ともさんへ

こんばんは
恩田さんの作品 完読してまーす( ̄∀ ̄*)イヒッ
今読んでるのもとっても面白いんだけど
なかなか前に進まなくて(^^;
まめころりん [URL] 2005/12/16(金) 23:42 [EDIT]

littleappleさんへ
こんばんは
2つコメントありがと~(^-^)/
テンプレはfc2ってかわいいのが
たくさんあって困っちゃうくらいですよ~
お料理ブログはlivedoorでやってる
んだけれど デザインはfc2の方が
絶対にかわいいなあ

常野おもしろかったよ
80人待ち・・そりゃすごい!!
まめころりん [URL] 2005/12/16(金) 23:44 [EDIT]

littleappleさーん

健忘録に何度もコメントしているんです
が反映されません(;ωノ|柱
まめころりん [URL] 2005/12/29(木) 22:08 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

蒲公英草紙
蒲公英草紙 恩田陸著 9点 2005年の50冊目 時は明治、海の外から新しい技術、新しい物、新しい考え方が押し寄せてくる時代です。そんな時に私こと中島峰子は、大地主である槙村のお屋敷に、体が弱くて外出もままならない聡子様のお相手として迎えられま... [続きを読む]
かいくんの読書日記+α | 2005/11/24(木) 18:57
Copyright © 2005 のろのろ読書小箱       .
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。