双子♀10歳 ミニチュアダックス♂5歳のママです 大好きな本のことをポチポチと書いていきたいな
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/10
「ほうかご探偵隊」倉知淳
このシリーズけっこういけます!



まめ的評価☆☆☆☆


かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド

あのミステリーランドシリーズの1冊です
舞台は静岡県のとある小学校
次々とクラスの不要物な紛失していきます

天才肌の少年が書いた      絵
はりぼてで作られた       募金箱
飼育委員が世話をしていた    にわとり一羽
この作品の語り手 藤原高時くんの縦笛の真中だけ

なぜ不用なものが次々となくなっていくのか・・
即席小学探偵団が聞きこみや現場検証をして
謎を解き明かしていきます


このシリーズ 少年少女むけになっていますが
大人が読んでもじゅうぶん楽しめます

このシリーズで一番好きだったのが
小野不由美さんの「くらのかみ」だったのですが
これもかなりいい線いってます!

特に最後の方では謎が解明したかと思いきや
2転3転していって とても楽しく読めました


印象的だった言葉

「世の中は面白いことでいっぱいに満たされている
  日常が面白くなかったら 自分で探せばいい
   物の見方さえ変えて探せば 愉快なことなんかいくらだって
   そこらじゅうに転がっている」


ひよこランキング参加中 クリックしてくれたら嬉しいです→ にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 のろのろ読書小箱       .
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。