双子♀10歳 ミニチュアダックス♂5歳のママです 大好きな本のことをポチポチと書いていきたいな
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/22
夏の夜 窓をあけて読んでみて・・
「屍鬼」小野不由美 著

まめ的評価☆☆☆☆☆


三方を山に囲まれ樅を育てて生きてきた外場村
猛暑に見舞われたある夏、村人たちが謎の死をとげていく
増えつづける死者は、未知の病のものだと思われたが
ある一家が村に越してきてからだと1人の医師と住職が気づく・・

どんどん増えていく死者 しかし彼らは・・

う~書いているだけで思い出して鳥肌が立っちゃいました
これは刊行されてすぐに図書館で分厚い上下巻を予約で
借りて一気読み(鳥肌たてながら)したものです

文庫になったのを待って購入しました
それだけ面白かったです
というか怖かったです(^^;

最後の方は彼ら(あえて彼らといいます)を応援していいのか
人間(?)を応援していいのか分らなくなっちゃいましたが・・

ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ





スポンサーサイト
この記事へのコメント

先ほど、金城一紀さんのところにコメントを
書かせていただいちゃった上に、こちらにも失礼いたします。

読書感覚が似ているとお見えしましたので、
失礼ながらTBさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします

本についてお話できたら良いですね
littleapple [URL] 2005/08/26(金) 21:41 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

屍鬼
ずいぶん昔に「屍鬼」を読んだちょうど夏ころだっただろうか?5巻あり、読み応えもあり。日本のホラー界では有数の名作だと私は、思うのだがどうだろうもっとも作者の小野不由美さんの場合、他にもいい作品をたくさん出しているからなんともいえない面もあるでし [続きを読む]
備 忘 録 | 2005/08/26(金) 21:37
Copyright © 2005 のろのろ読書小箱       .
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。