双子♀10歳 ミニチュアダックス♂5歳のママです 大好きな本のことをポチポチと書いていきたいな
07 * 2005/08 * 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/30
電車男・・今さら紹介するまでもないですね
「電車男」中野独人

今amazonで「電車男」で検索したら
私が読んだ本だけじゃなくて 関連本がけっこう出てるんですね~



今さら説明しなくても ほとんどの人が知ってますよね
最初 読もうとは思わなかったです
なぜかというと ●チャンネルの掲示板って荒しとか誹謗中傷が
多いって聞いていたので・・

でも読んでみたら これは・・けっこう・・感動ものじゃーん!!
テレビドラマも観てるし 映画も観ました♪ d(⌒o⌒)b♪
でも本がやっぱり いつでも読み返せるし リアルに伝わって
くるな~ 顔文字(?でいいのかな・・すごくよくできてるんだけど)
もよくこんなの作れるな~って

電車さんとエルメスさん
今も ほんわかお付き合いしてるのかな~

ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ


僕もエルメスさんみたいな素敵な彼女ほしいわーん

PCよもちゃん



スポンサーサイト
08/29
ずっしりと重たいファンタジー
「流星ワゴン」重松 清

まめ的評価☆☆☆☆☆





死んじゃってもいいかな・・主人公38歳 
失意の中で ある親子が乗ったワゴン車に拾われます
そのワゴンは時空を超えて 自分と同じ年齢だった遥か昔の父親のもとへ・・
主人公は自分と同じ年の父親と友達になれるのでしょうか

どんな人生にだって再生はある


重松 清さんの作品は全て読破していますが
一冊選べといわれたら 迷わずこれですね
エイジとかナイフみたいな 社会風刺というか心が痛いような
少年の話とはまた趣が違う作品です
ファンタジーのようで なぜかずっしりと重さを感じる作品

最後にワゴンに乗った親子とお別れする時に
もらったプレゼントとは・・

感動ものですよ

ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ


08/28
犬好きなら絶対はまるでしょ~
「柴王」布浦 翼

まめ的評価☆☆☆☆☆




赤ちゃんワンコの時に 大好きなお母さんが知らない人に連れて行かれて
しまった しばおう君 大好きなお母さんを探して 日本中を旅します
その間に出会う人々に幸せを届けながら・・


もうこれは犬好きな人なら確実にはまるだろうな~
しばおう君 健気です とても礼儀正しいです
ゴミを漁ったりしません あまりのしばおう君のかわいさに
色々な人が給食の残りをあげたり カロリー○イトらしきものを
あげたりします するとしばおう君は「ケン!」と言って(ありがとう)
お礼をします うちの犬なら食い逃げするだろうな(= =)トオイメ・・

笑えてジ~ンとしてお勧めのマンガ
しばおうと関る人々はみんな色々なことに気づかされ考えさせられ
幸せになっていきます・・
がんばれ!しばおうp(#^▽゚)q ファイトッ

1~6巻までです
ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ



08/26
ひなたぼっこ
今日はママがベランダに出してくれました
外をお散歩できない僕にとってベランダが唯一 お日様の
光りを浴びることができる場所なんだ

台風ってのが去った後で 今日ここいらはものすごく暑かったよ
ベランダの床も太陽があたっている所はアチチチチってなっちゃった

でもママがいうには骨にはビタミンDってのが必要で
それはお日様にあたらないとできないんだって
よくわからないけれど 風に吹かれて 温かいお日様にあたって
気持ちいいからいいんだ~

そんな僕を見ているママも嬉しそうにしてるんだよ


バカンスよもぎ

08/26
読み終わっちゃった~
「SPEED」金城一紀

まめ的評価☆☆☆☆




姉のように慕っていた彩子さんが自殺した
私との約束を果たさないまま・・
どうして? 探りはじめかけた途端に彼女を襲う魔の手
そして・・彼女は出会った!あのザ・ゾンビーズ達に

世の中の不条理なことに勇敢にたちむかう ゾンビーズメンバーと
ともにどんどん強くなっていく主人公の姿
最後は拳2つ分の距離を縮めて・・


大好きなシリーズの最新刊です
読み終わるのがもったいなくて 毎日ちょっとずつ読んで
いたんだけれど とうとう昨日寝る前に読み終わっちゃいました(;ωノ|柱
もう少しこのメンバー達と触れ合っていたかったな・・

またしても山下 やってくれてます
爪楊枝 頭に刺さってました(^^;

ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ


08/25
めっちゃ元気になれる本!
「レボリューションNo3」金城一紀

まめ的評価☆☆☆☆☆



ハイレベルな高校が立ち並ぶ町にたった1つだけ
落ちこぼれ男子校がある その中の舜臣、アギー、萱野、ヒロシ、山下達が
遺伝子政略に風穴を開ける為に『ザ・ゾンビーズ』を結成する
つまり 頭のいい女子高の女の子と仲良くなって 子供を作ればいいのだ!
そこでザ・ゾンビーズの面々は1つの女子高に狙い(?)を定めて
学園祭に入りこもうとする しかしそこは超お嬢様学校
門の前には鉄壁の壁が立ちはだかる・・


もう何度笑ったでしょう!
ゾンビーズのメンバー 全員いい味だしすぎです
。(゜∀Å)ホロリ と泣けてしまう場面もあるけれど
基本的に爆笑本です 特に山下くん お前はすてきすぎるぞ('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
読んだら元気100倍!絶対にこのシリーズの続きを読みたくなると
思います ちなみに今私は新作のSPEEDを読んでいますが
またこのメンバー達に出会えてものすごーく嬉しい!
読み終わるのがもったいなくて寝る前にチビチビ読んでますです

ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ
08/25
体が反応しちゃうのだ・・
僕よもぎです
今日はママがサラダに使ったきゅうりをくれました
といっても実じゃなくて 皮を縦にスライスしたからって
その皮を・・皮をくれました

僕はきゅうりが大好きです 
皮でももちろん ありがたくいただきますが
本当は・・本当は実が食べたかったです

おまけにママは皮をカリカリ食べていた僕から
欠片を取って 写真まで撮りました・・
僕も犬としてのプライドがあるので
そんなちっちゃい欠片のきゅうり(しかも皮だし)
でお座りって言われても 座るものかと思ったのに
体が勝手に反応しちゃって・・

座っちゃいました_| ̄|○  
でもおいしかったです
ママありがとうです

きゅうり


(o゚◇゚)ノあぃ ママです
いいじゃ~ん 今日はカリカリフードがなくなっちゃったから
大好きなウェットフードのご飯いっぱい食べたでしょ~
またきゅうりあげるね(○ゝω・)b⌒☆NE!
今度はきゅうりのシッポのところね!
08/24
僕ご飯の時どうしてこんな姿に?
僕 よもぎです 
5歳です 一応男の子です
でもママはご飯の時いつもこのバンダナを頭に巻き巻きします
なんでだろう・・どうしてだろう


ごはん姿


(o゚◇゚)ノあぃ ママです
どうしてかというと よもぎのご飯はカリカリフードに
ウェットフードを混ぜてお湯も入れているので どうしても
耳が汚れちゃうんですね~
食べ終わった後 いつも耳を拭いていたんだけれど
ふと思いついてバンダナを巻いたらナーイス!

これ何巻きっていうのかな~
まちこ巻き(ふるっ)でもないし 赤ずきんちゃん巻き??
08/24
一晩だけの物語
「夜のピクニック」恩田陸



まめ的評価☆☆☆☆☆


ただひたすら一晩かけて友人達と80kを歩き通す
最初は軽快に歩いていた彼らも夜になる頃には足はパンパンに張り
疲労困憊する でも高校3年生最後のみんなで力をあわせる行事
そして貴子、融を中心にして心にわだかまっていたこと、家族のこと
将来のこと・・などが時にはこんがらがり でも解けていく・・


確か本屋さんが選ぶお薦めしたい本で1位を取った作品
恩田陸ファンの私は出版されてすぐに読みました
運動大嫌いの私が言うのも 説得力0だけれど
かなり羨ましかったな~ 私も高校時代にこういう風に
きちんと向き合える友人達に囲まれていただろうか・・
いつもおちゃらけてばかりで きちんと将来のことや その他諸々の
悩みや家族のことは 話さなかったような気がする

でもこの本の登場人物達もこの<夜歩祭>があったから
色々と話せたんだろうな・・
でも80kか・・(= =)トオイメ・・


ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ


08/23
なにかをつけている~

今日は雨・・我が家のよもぎは今日も1日中お気に入りのフワフワベッドで
うとうと・・2月に入院する前までは元気に走り回っていたんだけれど
やっぱり腰が辛いんだろうな~ 2月にいきなり歩けなくなって
ダックスに多いヘルニアかと思ってダッシュで病院へ行ったら
背骨を骨折してましたo(TωT)o それも最近じゃなくて随分前に骨折した
のが神経に触ってきて歩けなくなっちゃったの
1か月以上入院していたっけ・・でもその間にママの私もぎっくり腰やって
寝こんでいたんだけど ( ▽|||)サー

今はおトイレは自分でしてくれるから助かってます
でも早くお散歩に一緒に行きたいね
頑張ろうね よもぎ


もしもし 鼻に何か(多分ティッシュであろう・・)つけてますよ

鼻にティッシュ

08/23
不思議な魅力一杯の登場人物達
「チルドレン」伊坂幸太郎

まめ的評価☆☆☆☆☆


直木賞候補作です(残念!次は是非伊坂さんに!!あ、でも受賞作の空中ブランコも面白かったけど(^^ゞ )主用な登場人物の出会いは銀行で強盗に遭遇したこと 破天荒で言ってることが滅茶苦茶な陣内 陣内と大学の同級生の鴨居 盲目の美青年(いつも一緒のワンコがかわいいんだこれがまた)長瀬
5つの短編になっていてミステリーのようなそうでないような・・


また最後で話しが繋がる不思議な感覚を

味わうことができました 魅力的な登場人物達とわかれるのが惜しくて

読み終わるのがもったいなかった作品です

また陣内さん 登場させてくれないかな~


ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ


08/23
オーデュポンの祈り
「オーデュポンの祈り」伊坂幸太郎

まめ的評価☆☆☆☆☆


ちゃちな犯罪に失敗した主人公がまぎれこんだのは150年もの間、外部との交流を持たない孤島だった そこでは未来を確実に予言できる案山子の「優午」が崇められていた しかしある日その優午が何者かによって首をちぎられ殺された・・未来を確実に予言できるはずだった優午は自分の未来は予測することができなかったのか そして何のために優午は殺されなければいけなかったのか・・



またしても最後に話しが繋がる伊坂作品 嘘つきの画家、体重300キロのウサ

ギさん、島の規律として殺人を繰り返す男「桜」

島の色々な人々が出てくる中で そんな虚構に比するように、現実世界のまが

まがしい存在感を放つのが、伊藤の行方を執拗に追う警察官、城山

最後に明らかになる この島に1番必要だったもの それは・・

読んでからのお楽しみに♪ d(⌒o⌒)b♪


ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ
08/22
まるで映画のようなハイスピード小説
「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎



まめ的評価☆☆☆☆

他人の嘘を確実に見破る男、完璧な体内時計を持つ男、口が達者な男、シングルマザーの女 この4人グループ実は「警報装置を使わせず」「金を出させて」「逃げる」というコンセプト(?)を持つ銀行強盗集団 ある日まんまと4000万円を奪取したが接触してきた車に乗っていた別の銀行強盗団(!)に車ごと盗まれる・・

まるで映画を観ているようなスピード感のある話でした 強盗団の車になぜ強盗団の車が接触事故したのか 偶然?なわけないですよね~ 最後に明かされる事実はプチ驚きという感じ 伊坂さんの最後にびっくりという感じの作品より驚きはありませんが作品全体に流れるスピード感をどうぞ楽しんでください♪ d(⌒o⌒)b♪
ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ



08/22
また騙された~
「ラッシュライフ」伊坂幸太郎



まめ的評価☆☆☆☆

新たなカモを物色する泥棒、神に憧れる青年、不倫中の女性カウンセラー、家族に見捨てられ野良犬と歩く男などなど仙台の町で色々な人が色々な人生を繰り広げています
 そしてなぜか随所にバラバラ死体が・・


著者お得意のバラバラだった話しが最後にまとまる爽快感!バラバラな話しだけでなく今回はバラバラ死体まで出てきますが おどろおどろしくなく読後に爽快感すら味わえて再読したくなる作品です
ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ





08/22
待ちに待った伊坂幸太郎の新作
「死神の精度」伊坂幸太郎



まめ的評価☆☆☆☆☆☆

この世で起きるほとんど全ての突発事故は
彼らの仕業らしいです 彼らとは異界から人間の姿でやってきた
死神達 彼らは1週間与えられた資料の対象人物に接して
・・もちろん人間として接して 対象人物が「可」か「不可」か
を判断します 彼らに可と判断されてしまうと・・


待ちに待った伊坂さんの新作!
さっそく読みましたがとても面白く読みました
1つ1つ違った対象人物が出てくるので(死神は同じ人・・あ、人じゃないか)
短編と思いきや 最後の方で話がちょっと繋がり・・
どう繋がるのかは 読んで楽しんでください♪ d(⌒o⌒)b♪


ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ


08/22
夏の夜 窓をあけて読んでみて・・
「屍鬼」小野不由美 著

まめ的評価☆☆☆☆☆


三方を山に囲まれ樅を育てて生きてきた外場村
猛暑に見舞われたある夏、村人たちが謎の死をとげていく
増えつづける死者は、未知の病のものだと思われたが
ある一家が村に越してきてからだと1人の医師と住職が気づく・・

どんどん増えていく死者 しかし彼らは・・

う~書いているだけで思い出して鳥肌が立っちゃいました
これは刊行されてすぐに図書館で分厚い上下巻を予約で
借りて一気読み(鳥肌たてながら)したものです

文庫になったのを待って購入しました
それだけ面白かったです
というか怖かったです(^^;

最後の方は彼ら(あえて彼らといいます)を応援していいのか
人間(?)を応援していいのか分らなくなっちゃいましたが・・

ひよこランキング参加しました クリックしてくれたら嬉しいです にほんブログ村 本ブログへ





Copyright © 2005 のろのろ読書小箱       .
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。