双子♀10歳 ミニチュアダックス♂5歳のママです 大好きな本のことをポチポチと書いていきたいな
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/15
「シリウスの道」藤原伊織

離れ離れになった3人が25年前の「秘密」に操られ
吸い寄せられるように 運命の渦に巻き込まれる

東京の大手広告代理店の営業副部長 辰村祐介は
子供のころ大阪で育ち 明子 勝哉という2人の幼馴染がいた
この3人の間には 決して人には言えない ある秘密があった 
それは・・・

池上冬樹
「藤原ハードボイルドの到達点だろう」
逢坂剛
「近年の大収穫である」

 ~単行本の帯より~




書評や色々なベスト本で誉めちぎられていたので
手にとりました
うーん 話題沸騰の長編ミステリーってあったけれど
これミステリなのかな?

確かにハードボイルドタッチなところはあったけれど
ミステリではないような・・
これは私の受け取り方なんだけれど

ミステリというより企業小説って感じでした
著者が広告代理店に勤めていたと知ってなるほどって
感じです やたらと広告プレゼンなどの専門用語や
株のことが出てきて そちらに疎い私は読むのが
とても時間かかりました←いつも読むののろいですけど・・

でも途中で挫折しないで最後まで読めたってことは
それなりに面白くもあったわけですね

ハラハラドキドキする場面はなかったです

まめころの評価は☆☆☆ です

ポチっと応援よろしくお願いしますにほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト
Copyright © 2005 のろのろ読書小箱       .
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。