双子♀10歳 ミニチュアダックス♂5歳のママです 大好きな本のことをポチポチと書いていきたいな
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/12
「うたう警官」佐々木譲

札幌市内のアパートで女性の変死体が発見された
大通署の刑事たちはただちに現場に向かい 捜査がはじまった
遺体の女性は北海道警本部生活安全部の水村朝美巡査と判明

容疑者となった交際相手は 同じ本部に所属する津久井巡査部長だった
やげて津久井に対する射殺命令がでてしまう
捜査から外された 所轄署の佐伯警部補は
かつて おとり捜査で組んだことのある津久井の潔白を
証明するために有志たちとともに裏の調査をはじめたのだったが・・
 ~本の帯より~





うたう=密告することです
本部の裏金のことなどを議会でうたうはずの津久井巡査部長
その彼の交際相手が殺されたことで 津久井をよく思わない
組織が津久井を発見したら即刻射殺せよという異例の命令が出されます

津久井の無実を信じる1人の警官が仲間とともに
彼を翌日の議会(証言者としてうたう)に無事彼を送り届けるために
推理と行動力で動く1晩の物語です

組織の裏金 個人での捜査の行き詰まり 仲間だと思っていた同士の
中にいる密告者 などなどもりだくさんなミステリーというか
サスペンスでした ちょっと話し的にみるとご都合主義のところも
あると思いましたが かなりハラハラさせられて面白かったです

よってまめ的評価は☆☆☆☆ でーす


ポチっと応援よろしくお願いしますにほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト
Copyright © 2005 のろのろ読書小箱       .
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。